BMWザウバー、「F1.07」を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

BMWザウバーが2007チャレンジャー「F1.07」をバレンシアにて発表した。昨年のマシンはザウバー時代の資材をひきついでいたため、実質的にはこれがBMWザウバーとしての第1号になる。

カラーリングはほとんど前年と同じだが、短くなったノーズや冷却装置の見直しなど、エアロダイナミクス分野には大規模な改善が施されている。またチームは労働力の補強、ヒンヴィルの設備増設など、チーム全体の底上げを実施した。

マリオ・タイセン代表は「2007年の目標はもっと表彰台に昇ること。トップチームが少しでも隙を見せたら、すかさずそこを突けるようにしたい。2007年の優勝はまだ難しいかもしれない。それは2008年の目標。そして2009年にはタイトル争いをしたい」と展望を語った。

午前中行われた発表会に続き、午後には早速シェイクダウンが行われた。担当したニック・ハイドフェルドは「全てがトラブルフリーで進んだ。マシンは最初から感触もいいよ」と笑顔で感想を述べた。

BMWザウバーでは水曜日から金曜日までバレンシアで本格テストを実施する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集