ダイハツ、福岡にエンジン工場を新設、軽自動車生産拡大に対応

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ工業は、福岡県久留米市にエンジン工場を建設すると発表した。

新しい工場は、ダイハツ工業の子会社であるダイハツ九州が2007年末に大分(中津)工場の第2工場を稼動する予定するなど、軽自動車の生産台数を拡大する計画があるため、エンジン供給の効率化を図るため、2008年8月の操業開始を目指す。

工場のコンセプトは、「軽自動車のエンジン生産に最適な『シンプル&スリム』な工場」とし、グローバルに通用する低コストな車づくりをめざす大分工場にエンジンを供給する。

新工場の用地面積は約16万平方メートル。設備投資は約100億円で、生産能力は2直で、年産約20万基、従業員数は操業開始時に約200人。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集