【デトロイトモーターショー07】東洋ゴム、マツダ 流雅 のタイヤを開発

自動車 ビジネス 企業動向

【デトロイトモーターショー07】東洋ゴム、マツダ 流雅 のタイヤを開発
  • 【デトロイトモーターショー07】東洋ゴム、マツダ 流雅 のタイヤを開発
  • 【デトロイトモーターショー07】東洋ゴム、マツダ 流雅 のタイヤを開発
  • 【デトロイトモーターショー07】東洋ゴム、マツダ 流雅 のタイヤを開発
東洋ゴム工業は、ウルトラ・ハイ・パフォーマンスタイヤ『PROXES』が、7日から米国デトロイトで開催された北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)にマツダが出品した、新しいデザインコンセプトカー『マツダ流雅(りゅうが)/Mazda RYUGA』に採用されたと発表した。

「流雅」は「FLOW(流れ)」をデザインテーマとし、ボディサイドのテクスチャーは、日本庭園で有名な枯山水様式の砂紋からヒントを得てデザインされている。流れる動きの美しさを用い「流れ」のイメージを表現している。

今回、マツダと共同開発した「TOYO PROXES」(タイヤサイズ=245/35R21 96W)はこの「流れ」と同調し、ボディと一体感のある、砂紋をイメージしたデザインとなっている。

機能面では大ブロック構成としながらも幅広のセンター溝と鋭角な斜め溝を配置することにより、優れたドライ、ウェット性能の両立を図った。また、リムプロテクター部はリムフランジ外周と密着するデザインを採用することでサイドウォールのたわみを抑え、ドライ性能の向上を図った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集