メルセデスベンツ CLクラス、7年ぶりフルモデルチェンジで日本導入

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ CLクラス、7年ぶりフルモデルチェンジで日本導入
  • メルセデスベンツ CLクラス、7年ぶりフルモデルチェンジで日本導入
  • メルセデスベンツ CLクラス、7年ぶりフルモデルチェンジで日本導入
ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツの最高級ラグジュアリークーペの『CLクラス』を7年ぶりにフルモデルチェンジし、「CL550」と「CL600」を27日から発売すると発表した。

スタイリングは、優雅に弧を描くルーフラインとシャープなキャラクターラインがコントラストする一方で、メルセデスのクーペの伝統である前から後ろまで連続した開口部を持つ開放的なピラーレスサイドウインドや繊細なCピラー、大きな曲面を描くリアウインドウが独特の存在感を強調している。

ボディサイズは従来モデルと比べて全長がプラス75mm、全幅がプラス15mm、全高がプラス20mm拡大するとともに、ホイールベースも70mm拡大、トランク容量も40リットル拡大している。

インテリアはセミアニンレザーシートや深みある光沢のウッドパネル、アルミやクロームを随所にあしらったスイッチ類やトリミングが上質な雰囲気を演出している。

エンジンはCL550には、新世代5.5リットルV型8気筒DOHC・4バルブエンジンを搭載、先進の電子制御7速ATの「7G-TRONIC Sport」とともに、高い走行性能、静粛性、経済燃費性を実現したとしている。CL600は、最高出力517PS、最大トルク84.6kgmを発生する5.5リッターツインターボチャージャー付V型12気筒エンジンを搭載する。

サスペンションは電子制御式油圧サスペンションABC(アクティブ・ボディ・コントロール)を採用、優れた操縦安定性能を実現したと、している。

価格はCL550が1520万円、CL600が1970万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集