ホンダ XR400モタード を一部改良、ブラックも設定

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ XR400モタード を一部改良、ブラックも設定
  • ホンダ XR400モタード を一部改良、ブラックも設定
  • ホンダ XR400モタード を一部改良、ブラックも設定
ホンダは、空冷・4ストローク・単気筒・400ccエンジンを搭載し、前後17インチのオンロードタイヤを装着したスーパーモタードのイメージのスポーツバイク『XR400モタード』の一部を改良するとともにカラーリングを変更し、30日から発売する。

今回、新たにマルチリフレクターヘッドライトを採用することで、視認性の向上を図った。また、新デザインのフロントバイザーやXRのロゴを配するとともに、モトクロス競技専用車のCRFシリーズのデザインをイメージさせるサイドカバーを採用し、個性を際立たせた。

車体色は、新たにブラックを採用し、フレーム色には「バーンレッドメタリック」、現行のエクストリームレッドはフレーム色を「マットアクシスグレー」とするなど、合わせて2色を設定する。

価格は65万1000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集