【インプレ'06】MJブロンディ スズキ『SX4』 沖縄の匂い

試乗記 国産車

【インプレ'06】MJブロンディ スズキ『SX4』 沖縄の匂い
  • 【インプレ'06】MJブロンディ スズキ『SX4』 沖縄の匂い
もはや現代の自動車は移動機械としてのハードに大きな欠点があるモノなど皆無なので、もっとも重要なのはそのクルマが放つ空気感ではないでしょうか。

そういう観点からすると、この『SX4』は、かなりいい感じの空気感を放っています。どことなくおおらかで、そこはかとなくオシャレさんで、それでいてそれなりにしっかり作られている。バリバリのエリートじゃぜんぜんないけど、自然体の好男子。そんな印象です。

雰囲気としては沖縄! とワタクシは断定しました。そこそこオシャレだけど自然体でド田舎なところが、なんだか似ているのです。なので、SX4に乗ってると、沖縄のレンタカーに乗ってるような気分になって、少しウキウキします。

グレード的には、「2.0」よりも、FFの「1.5」のほうがより自然体で肩の力が抜けていて、軽快かつ安価でおすすめであります。課題は内装だね。内装だけは事務的すぎる。もうちょっとだけでいいから華が欲しかったな。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★★


MJブロンディ|大乗フェラーリ教祖
1962年東京生まれ。慶大卒。編集者を経てフリーライター。愛と幻想と市場経済を核とした自動車読み物のほか、高速道路問題に超絶真摯に取り組む。『聖典版 そのフェラーリください!』等著書多数。
《清水草一》

編集部おすすめのニュース

特集