豊田トヨタ名誉会長に米研究機関賞

自動車 社会 社会

米国の政府系研究機関ウッドロー・ウィルソン国際学術センターが公共利益に貢献した人に贈る「ウッドロー・ウィルソン賞」の2006年受賞者にトヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長と、緒方貞子国際協力機構(JICA)理事長が選ばれた。

同賞はこれまで米国のキッシンジャー元国務長官やチェイニー副大統領らが受賞しているが、日本人は初めてとなる。

豊田名誉会長はトヨタの経営を通じた品質管理技術への貢献や経団連会長としての活動などが評価され、企業市民部門での受賞となった。来年4月に東京で記念の晩餐会が開かれる予定。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集