【インプレ'06】岡島裕二 シトロエン『C6』 二面性をもつアシ

試乗記 国産車

【インプレ'06】岡島裕二 シトロエン『C6』 二面性をもつアシ
  • 【インプレ'06】岡島裕二 シトロエン『C6』 二面性をもつアシ
『C6』は往年のシトロエンの名車たちを思わせるスタイリングや、上質なインテリアが話題に上るが、ハンドリングも意外なほどに、秀逸な仕上がりぶりを見せてくれた。

足まわりにはシトロエン自慢のハイドロマティックが採用されているが、C6では電子制御スプリングが組み合わされており、快適性と操縦性の両立が図られている。そのため『C5』みたいな、魔法のじゅうたんに乗るようなフワフワとした乗り味は少し抑えられているが、クルマの挙動は非常にシッカリとしている。

さらにスポーツモードを選べば、ワインディングを攻めて走っても怖い思いをすることはない。これだけ快適な乗り心地を実現しながら、攻めて走っても安心できるサスペンションはほかにはないだろう。

ただしエンジンパワーは少々モノ足りない。重さが1.8トンを超えるのに、3リッターのV6では役不足だ。だがC6は、それも許せてしまうぐらいの、優れたスタイリングと走りを兼ね備えている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


岡島裕二| モータージャーナリスト
20代前半にレースの参戦資金調達のために自動車専門誌出版社に勤務。その後ウェブ編集者を経て、2003年よりフリーランスモータージャーナリストに転身。レース経験を生かした試乗インプレッションと、貧乏生活から芽生えた価値観をもとに、クルマの本質を鋭く分析。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集