マツダの中間期連結決算、増収増益…新車販売順調と為替差益で

自動車 ビジネス 企業動向

マツダの中間期連結決算、増収増益…新車販売順調と為替差益で
  • マツダの中間期連結決算、増収増益…新車販売順調と為替差益で
マツダが発表した2006年9月中間期の連結決算は、売上高が前年同期比13%増の1兆5214億円、営業利益が同43%増の698億円となった。
 
期中の新車小売台数は、国内は軽自動車が好調だったものの、登録車の販売が低調で、同7%減の13万1000台にとどまった。米国は新規投入した『CX-7』や『マツダ5』(日本名『プレマシー』)、『MX-5』(同『ロードスター』)などの販売が好調で同3%増の14万2000台だった。欧州もマツダ5やマツダMX-5などの販売が好調で同10%増の15万1000台だった。中国市場は販売競争の激化で、同8%減の6万2000台と低迷した。連結出荷台数は同1%増の56万台と微増だった。
 
新車販売が順調で、売上高は2ケタの増収となった。さらに、円安による為替差益で、収益面でも大幅増益となった。経常利益は同31%増の565億円、中間期純利益は前年に厚生年金代行返上益を特別利益に計上したことなどから同12.5%減の272億円だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集