【トヨタ オーリス 発表】装備・オプションのパッケージ

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ オーリス 発表】装備・オプションのパッケージ
  • 【トヨタ オーリス 発表】装備・オプションのパッケージ
  • 【トヨタ オーリス 発表】装備・オプションのパッケージ
  • 【トヨタ オーリス 発表】装備・オプションのパッケージ
  • 【トヨタ オーリス 発表】装備・オプションのパッケージ
  • 【トヨタ オーリス 発表】装備・オプションのパッケージ
走りやパッケージングの煮詰めに力が入れられたというトヨタの新コンパクトハッチ『オーリス』は、既存のファミリーカーユーザーばかりでなく、欧州コンパクトハッチに乗っていたユーザーにとっても、魅力的な商品だ。

購入するにあたって、どのグレードを選ぶべきなのだろうか。

欧州風に必要最低限の動力性能があればいいというユーザーは1.5リットル「150X」、スポーティさを重視する場合は1.8リットル「180G」を選ぶのが基本。価格がもっとも安い150Xでも、エアコン、パワーウインドウ、UVガラスなど充実した装備を持ち、EBD(電子制動力配分制御)、ブレーキアシストなどの安全装備も標準だ。

が、1.5と1.8の間には同じ標準グレード同士でも装備に差がある。メーターは1.8がオプティトロン+マルチインフォメーションディスプレイなのに対して1.5はアナログ式で、アップグレード不可。ヘッドランプは1.8がディスチャージ、1.5がハロゲンで、こちらはアップグレード可能。これらの差がが気になるユーザーは、1.8モデルを選ぶべきだろう。

パッケージオプションは150Xに装備充実の「Mパッケージ」、また150X、180Gの両方にスポーティさを強調する「Sパッケージ」が用意される。

150XのMパッケージ、Sパッケージ共通の装備はプライバシーガラス、大型リアルーフスポイラー、時間調整式間欠ワイパー、コンライト(自動点消灯ライト)、オートエアコンなど。Mパッケージはこれに加えてスマートエントリーシステムとイモビライザーが、Sパッケージには205/55R16タイヤ&アルミホイール、フロントスポイラー、サイド&リアカラーマッドガード、フォグランプ、本革巻きステアリング&シフトノブがつく。

1.8リットルは標準仕様がすでに充実した装備を持っているため、標準仕様とSパッケージ装着者の装備差は150Xほど大きくはない。パッケージの内容は150XのSパッケージ専用装備とほぼ同じだ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集