ホンダ、中古車情報サイトを大幅リニューアル

自動車 テクノロジー ネット
ホンダは、中古車の販売力強化と、顧客満足度の向上を図るため、車両の情報・検索機能を充実した中古車情報サイト新「ホンダオープンテラス」を24日から導入する。

中古車情報サイト「ホンダオープンテラス」は、ホームページにホンダの中古車販売ネットワークのオートテラス拠点の中古車情報を写真付きで公開する仕組みで、1998年から運用し、現在約8000台のホンダ中古車を掲載している。このサイトへの月平均のアクセス数は約21万件で、サイトでの成約率も53%と業界トップ水準だ。

同社は、今回新たに情報・検索機能を充実した新「ホンダオープンテラス」を導入し、掲載台数も拡充して、中古車の販売力強化を図るとともに、顧客の利便性向上と満足の向上を図る。

新しいサイトでは、車両検索機能を強化し、走行距離検索の追加、ボディタイプ別検索の新設など、条件検索を拡充する。1画面上で気に入った車を最大4台まで比較検討できる、比較リスト機能も新たに追加する。日本地図表示による複数エリアでの同時検索機能も追加する。

車両情報も充実する。車両1台あたりの最大掲載写真枚数を、従来の3枚から6枚へに拡張するとともに、車両紹介コメント欄を倍増し、セールスポイントを充実する。お客様問合せ要望欄も新設する。

さらに、検索結果一覧画面に、車両画像を追加し、ひと目で車両概要がわかるレイアウトに変更するなど、分かりやすい画面にリニューアルする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース