【トヨタ カローラ 新型発表】ビジネスユースは考えないで作った

自動車 ニューモデル 新型車
【トヨタ カローラ 新型発表】ビジネスユースは考えないで作った
  • 【トヨタ カローラ 新型発表】ビジネスユースは考えないで作った
トヨタ新型『カローラ』セダンの「アクシオ」のラインナップを見ると、1.3リットルエンジン車やビジネスシーンで使われる、営業車や社用車に選ばれるような廉価グレードが見当たらない。新型はビジネスユースはターゲットに置いていないのだろうか。

カローラのチーフエンジニアを務めた藤田博也さんは「カローラアクシオは、ビジネスユースでの利用は考えないで開発を進めました。ビジネスユースを考えると、ラジオのアンテナを2種類用意したり、バックモニターのないグレードを設定する必要が出てきます。そうするとアクシオが求める上質感を損なう可能性が出てきてしまいます」

「また、同じカローラ店には1.3リットルの『ベルタ』もありますので、1.3リットル車を選びたいお客様はベルタでカバーできると思っています。カローラセダンを仕事で使う方は多いので、今後もそういったシーンでアクシオも使われるとは思いますが、最初からビジネスユースを前提にしたクルマづくりは行なっていません」という。

確かに新しくなったカローラは、営業車ではもったいないぐらいの上質感がある。やはり、ここまで質感高く仕上げるためには、営業車需要は割り切るしかなかったのだろう。そして今後、低価格帯のセダンはベルタに任せるつもりのようだ。
《岡島裕二》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース