【パリモーターショー06】シビック タイプR…赤バッジが帰ってきた

自動車 ニューモデル 新型車

【パリモーターショー06】シビック タイプR…赤バッジが帰ってきた
  • 【パリモーターショー06】シビック タイプR…赤バッジが帰ってきた
  • 【パリモーターショー06】シビック タイプR…赤バッジが帰ってきた
  • 【パリモーターショー06】シビック タイプR…赤バッジが帰ってきた
  • 【パリモーターショー06】シビック タイプR…赤バッジが帰ってきた
ホンダは、先のロンドンモーターショーで『シビック』シリーズの「タイプS」を発表したのに続き、パリサロンで3ドアハッチバックの頂点モデル「タイプR」を発表した。ホンダの走りの勲章「赤バッジ」がヨーロッパ市場に復活する!

心臓部は既存の「NP2」型エンジンで、新たにバランサーシャフトとドライブバイワイヤー・スロットルを採用しプラス1psの201psを実現させた。また可変バルブのタイミングの見直しを行い、従来よりも400rpm低い回転域の5200rpmからVTECが利き始める。同時に高回転域もレヴリミットをこれまでより100rpm高い8000rpmとしたことで、扱いやすく、かつ伸びのあるエンジン特性に仕上げられた。組み合わされるミッションは6MTのみだ。

「これまではタイプRというと、レーシーなイメージが強かった。しかし今回発表したタイプRは、例えばサーキットでの走行をする時、コース上での走行にも最適、かつサーキットまで乗って行くことも出来る。走りの性能を極めつつ、同時に日常性能をアップしたところが特徴だ。これまでは、ともすればやや子供っぽいイメージもあったが、NV(ノイズ・振動)性能を上げた、大人のテイストが加わったタイプRになりました」と、鈴木幹夫LPL(ラージプロダクトリーダー)。

ニュー・タイプRは来春、ヨーロッパでの発売が予定されている。現時点で、日本には3ドアタイプRの導入予定はないとのことだが、4ドアベースのタイプRに関しては「否定」しなかっただけに、こちらに期待だ。
《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集