ラウダはマッサを激賞

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ラウダはマッサを激賞
  • ラウダはマッサを激賞
トルコGPで初優勝を達成したフェリペ・マッサにフェラーリの大先輩であるニキ・ラウダが賛辞を贈った。

「マッサには感服した。私だけでなく、フェラーリチームもそうだと思う。ウィークエンド最初のセッションからチェッカーフラッグまで、同じマシンに乗るミハエルよりも強かった。マッサの仕事は完璧だったよ」

「一方、チームのナンバーワンのポジションを維持してきたミハエルは“勘”を失いつつある。完璧だったマッサに比べ、ミハエルは完璧とはほど遠い予選と決勝レースだった。マシンが同一である以上、勝つべきはミハエルだった。しかし彼は自らのミスで自滅したんだ」とラウダ。

マッサは来季もフェラーリに残るべきだとラウダは主張している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集