今でも手に入る…旧東ドイツプロダクト

自動車 社会 社会

シンプルで素朴なデザインが注目されている旧東ドイツグッズ(プロダクト)。ドイツ・ベルリンにある「intershop 2000」では今でもそれらを手に入れることができる。

旧東ドイツ製のプレハブ式住居をそのまま利用した店内には、カラフルな雑貨や食器類などが所狭しと並べられている。中でも人気なのが旧東ドイツ国鉄の食堂車「MITROPA」用の食器類。ロゴの入ったコーヒーカップやスープ皿、ランチプレートなど、当時のデッドストック品が多数揃う。

その他、旧東ドイツのエアライン「インターフルグ」や自動車『トラバント』グッズなど、他ではなかなかお目にかかれないものも。

食器類などのデッドストック品は「made in DDR(ドイツ民主共和国)」となっているが、石鹸などの日用品や菓子などは当時と同じ製品が現在も製造されており、こちらは「made in germany」の表示になっている。

雑誌やガイドブックなどでも多数紹介され、日本人に人気で、スタッフによると女性の来店者が多いそうだ。

intershop 2000
●住所:Ehrenbergstr. 3-7 Ecke Stralauer Allee Berlin
電話:30-31800364
アクセス:地下鉄(Uバーン)Warschauer駅徒歩約5分
●営業時間:
水曜−金曜 14時−18時
土曜 12時−18時
日曜 12時半−18時
月火定休
《》

編集部おすすめのニュース

特集