富士重工の森社長、ホームベースは遠かった

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

「いざマウンドに上がってみると、思ったよりホームベースが遠かった」と話すのは富士重工業(スバル)の森郁夫社長だ。

森社長は27日、東京ドームで開催された都市対抗野球大会の富士重工業(太田市)vs日産自動車(横須賀市)戦で始球式を行った。この日のために、18m超の距離から入念にピッチング練習をしたそうだが、本番では勝手が違った。「ワンバウンドになりそうな感じがした」森社長は注意をして投げたが、それでもうまくいかずワンバウンドになってしまった。

肝心の試合の方も2−3と日産に惜敗。「うちの方が押していたんですが、あと1本が出なかった」と悔しがる。日産に与えたヒットはホームランの1本だっただけに、その思いは一層強い。

「来年も始球式で投げたい」と話す森社長は「ストライク、そして勝利」でリベンジを果たそうと自らに誓う。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集