三菱自動車、国内生産が14カ月ぶりにマイナス…7月実績

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車が発表した7月の生産・国内販売・輸出実績によると総生産台数は前年同月比11.7%減の10万7192台と2ケタのマイナス。海外生産が大幅に落ち込んだ。

国内生産は同2.1%減の6万2571台と、国内販売、輸出ともにプラスだったが14カ月ぶりにマイナスとなった。

国内販売は同3.3%増の2万1029台と15カ月連続でプラス。『アウトランダー』や『i』(アイ)が依然として順調だ。

輸出は同13.6%増の3万6068台と2カ月ぶりのプラス。アジア向けは不振だったが、欧州向けが伸びた。

海外生産は同22.4%減の4万4621台と8カ月連続のマイナス。アジアが同33.0%減と落ち込んだのが響いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集