【インプレ'05】日下部保雄 シトロエン『C4』 ナリだけではないクルマ

試乗記 国産車

【インプレ'05】日下部保雄 シトロエン『C4』 ナリだけではないクルマ
  • 【インプレ'05】日下部保雄 シトロエン『C4』 ナリだけではないクルマ
ある日本メーカーのデザイナーに、2005年度で刺激を受けたモデルは、と聞いたところ、シトロエン『C4』という答えが返ってきた。C4のデザインは業界内に大きな反響を与えている。

車内は広く開放的だが、インテリアの素材感などにややプラスチッキーなところがあるのはシトロエンらしい。センターメーターなどは前衛的だ。

走りは、これまでのシトロエンのイメージからすると大きなロールとソフトな乗り心地を想像するが、意外なほどロールを抑えたキビキビした走りを実現している。左右のハンドルの切り替えしの際でも収束は早く、スポーティで面白い乗り味を持っている。

さらに乗り心地はシトロエンらしいところを残しており、ハーシュネスはよく抑えられており、サスペンションストロークのある懐の深い乗り心地だ。ユニークで面白いドライブフィールを持つクルマだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

特集