ブリアトーレが癌だったことを告白

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ブリアトーレが癌だったことを告白
  • ブリアトーレが癌だったことを告白
ルノーのフラビオ・ブリアトーレ代表が腎臓癌を煩っていたことを告白した。 「左の腎臓に癌が発見されたんだ。もし簡単な検査を受けていなければ、6カ月で最悪の状態に陥っていたかもしれない」

「私は運命を信じている。人の人生は一冊の本のようなもの。ページを書き換えることはできても、内容全てを書き換えることはできない。不死身だと感じることもときにはあるが、毎朝神に感謝の意を捧げるべきだ。手術室に入るときの自分はかなり寡黙だったよ」

「目覚めたとき医者にこう言われたんだ。『間に合いました。6カ月遅ければ非常に複雑な状態に陥っていたことでしょう』。そのとき自分がいかにラッキーかを思い知ったよ」とブリアトーレは語った。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集