【ホンダ ストリーム 新型発表】2種類のパワートレイン&トランスミッション

自動車 ニューモデル 新型車
【ホンダ ストリーム 新型発表】2種類のパワートレイン&トランスミッション
  • 【ホンダ ストリーム 新型発表】2種類のパワートレイン&トランスミッション
  • 【ホンダ ストリーム 新型発表】2種類のパワートレイン&トランスミッション
  • 【ホンダ ストリーム 新型発表】2種類のパワートレイン&トランスミッション

新型ホンダ『ストリーム』には2種類のパワートレインがあり、それぞれに異なったトランスミッションが組み合わされている。

売れ筋となる1.8リットルエンジンは、昨年登場した『シビック』に採用されていたものと同じタイプ。140ps/17.7kgmを発揮し、トランスミッションもシビックと同様に5速ATが組み合わされている。

対する上級モデルの2.0リットルは新開発エンジンとなる。基本的には1.8リットルのストロークを伸ばしたタイプだが、3ステージ可変管長インテークマニホールドを採用し、全域でトルクフルな特性を与えている。2.0リットル車は150ps/19.4kgmを発揮し、トランスミッションはFF車はCVTとなる。

ストリームの開発責任者である筒井研也さん「新型ストリームのエンジンは、1.8リットルはシビックと同様ですが、2.0リットルは新開発エンジンをいち早く導入しました。このエンジンはクラストップの低燃費と、高い静粛性を実現し、4つ星レベルの高い環境性能をクリアさせた優れたエンジンです」という。

新しいエンジンを真っ先に導入するあたりに、ホンダが新型ストリームにかける強い意気込みが感じられる。

《岡島裕二》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集