住友ゴム、欧州の子会社を売却で合意

自動車 ビジネス 企業動向

住友ゴム工業は、欧州の子会社をCauval Industriesに売却すると発表した。

同社の欧州の100%子会社のOniris SASの全株式をCauvalに売却する。売却金額、時期などの詳細については協議中。Oniris売却は、両社が最終合意してから、ワークス・カウンシルと協議し、欧州関係行政当局からの許認可を取得が条件。

Onirisは、欧州でベッド事業を展開する住友ゴムの子会社で、フランス、ドイツ、ベルギー、スペインなどに展開している。経営資源の選択と集中の観点から、売却を決めた。

住友ゴムは今回の欧州子会社売却で、2006年12月期の業績見通しを修正した。連結決算見通しは売上高は前回発表時よりも150億円マイナスの5350億円、経常利益は据え置きでの460億円、当期純利益が前回見通しより40億円プラスの280億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集