4月普通トラック販売…三菱ふそうが復活

自動車 ビジネス 企業動向

トラック業界がまとめた4月の普通トラック(大型・中型)の販売台数は、前年同月にくらべ31.3%の大幅な増加となり、2カ月ぶりに前年を上回った。三菱ふそうトラック・バスが5割の増加となった。

メーカー別では、日野自動車が前年同月に比べ27.3%増の1923台、いすゞ自動車が同25.1%増の1737台、三菱ふそうが同51.5%増の1633台、日産ディーゼル工業が同19.8%増の762台だった。

三菱ふそうは、品質問題により、前年同月の水準が低かったが、新年度に入り、販売が急速に回復した。

市場シェアは、日野が31.8%、いすゞが28.7%、三菱ふそうが27%、日産ディーゼルが12.6%となり、三菱ふそうを除く全社が、前年同月にくらべ、シェアを落とした。三菱ふそうのシェアは、前月の23.4%から3.6ポイント上昇した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集