シューマッハ、気迫の85勝目…サンマリノGP

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

故アイルトン・セナのポールポジション記録を塗り替え、ルノーの連勝にストップを掛けたフェラーリのミハエル・シューマッハが、サンマリノGP決勝レース(23日)後に喜びを語った。

「最高だよ。他に言いようがない。一生懸命作業したからこそ、信じられないような週末を送ることができた。この間(オーストラリアGP)は明らかなミスをいくつか犯していたから、今週末は僕らの実力を証明しなければならなかった。苦しいスティントもあったけれど、僕らは非常にコンペティティブだった。全員がプッシュしたおかげで結果が得られたんだ」

セカンドスティントでスピードが伸びずフェルナンド・アロンソに追いつかれたことに関しては、「最初のピットストップの直後は大丈夫だったんだ。でもその後トラブルが発生し、マシンが元の(速い)状態に戻らなくなってしまった。原因を詳しく調べる必要があるね」とシューマッハは語った。

「非常に苦しかったけれど、幸い昨年の教訓からミスを犯さない限りオーバーテイクが不可能であることはわかっていた。誰が後ろについて、どこが危ないかをきちんと悟っていれば、対処できる」
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集