【ストラーダ HDS955 長期リポート その2】ビジュアル重視のワイドVGAモニター

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【ストラーダ HDS955 長期リポート その2】ビジュアル重視のワイドVGAモニター
  • 【ストラーダ HDS955 長期リポート その2】ビジュアル重視のワイドVGAモニター
  • 【ストラーダ HDS955 長期リポート その2】ビジュアル重視のワイドVGAモニター
  • 【ストラーダ HDS955 長期リポート その2】ビジュアル重視のワイドVGAモニター
  • 【ストラーダ HDS955 長期リポート その2】ビジュアル重視のワイドVGAモニター
  • 【ストラーダ HDS955 長期リポート その2】ビジュアル重視のワイドVGAモニター
  • 【ストラーダ HDS955 長期リポート その2】ビジュアル重視のワイドVGAモニター
ストラーダ『HDS955』は、ストラーダシリーズのハイエンドモデルというだけあって、カーナビとしての機能も優れているが、それ以上に優れているといえるがAV機能だ。AVN(オーディオ・ビジュアル・ナビ)機に必要な機能はすべて備わっている。

パナソニックに限らず、各メーカーとも今ではAVNが主流となってきているが、HDS955には「ストラーダFクラスだからこそ」という機能がある。それはDVDビデオや地上デジタル放送のコンテンツに合わせ、色温度や輝度を最適に調整したワイドVGAモニターだ。

従来、カーナビのモニターは「地図を表示するためだけに存在した」といってしまっても決して過言ではない状況にあった。DVDビデオやテレビ番組の視聴はあくまでもオマケ…というスタンス。機能的にコンテンツの再生はできるものの、画質は今ひとつという感じだった。

だが、今回のFクラスはビジュアルコンテンツ視聴にフォーカス。これらの視聴に合わせて液晶バックライトの色温度を調整。白を従来モデルよりもクッキリと表現できるようになった。白の表現力が増したことによって、ほかの色の再現性が向上したのはいうまでもないだろう。

本体内に5.1chサラウンドプロセッサを内蔵しているので、センタースピーカーを増設すれば5.1chで。4chのままでもバーチャルサラウンド「ワンダーシアターDSP」があるので立体音響が楽しめる。

このふたつが相乗効果を生み、車内でのビジュアルコンテンツ視聴環境は大幅に向上している。カーナビはナビ機能の秀逸さだけで選ぶ時代から「付加機能も含めて選ぶ時代」になった。ストラーダFクラスはこうした意味でもお勧めできる1台だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース