性能でも信頼性も史上最強のTVR

自動車 ニューモデル 新型車
性能でも信頼性も史上最強のTVR
  • 性能でも信頼性も史上最強のTVR
  • 性能でも信頼性も史上最強のTVR
  • 性能でも信頼性も史上最強のTVR
  • 性能でも信頼性も史上最強のTVR
TVRのアイコンとも言えるのが「スピードシックス」と呼ばれる自社製の直列6気筒エンジンだ。

中でも『サガリス』(10日、日本発表)は、剛性面で有利なクーペボディに、『タスカン』の高性能版「S」と同じ4リッターのハイチューン版(380bhp)を搭載。0-60マイル(96km/h):3.7秒というタイムは、タスカンの標準車より0.5秒速く、タスカンSよりも0.1秒速い。動力性能ではもちろんTVRの中で最速最強のモデルだ。

しかし、サガリスで最初に驚かされるのはその外観だろう。ボンネットやフェンダーに刻まれたエアアウトレットは、他のTVRと比べても一際強烈な個性を放っている。ただし、英国仕様と異なり、日本仕様のそれはタイヤが巻き上げた小石が飛び出るのを防ぐため、全て塞がれている。

TVRの流儀通り、ドアの開閉はドアミラー裏側のボタンで行う。ボディは頑強なロールケージが組み込まれたバックボーンシャシー構造で、外板はGRPコンポジットを呼ばれる樹脂パネル製。車重はカタログスペックでは1078kgと、現行マツダ・ロードスターより軽い。

もう一つ注目すべき点は、オートトレーディングの南原社長も触れた品質だ。以前のTVR本社は「故障するから直してくれと言っても、フェラーリだって故障するだろう、と一蹴する」会社だったというが、現在はロシア出身のニコライ・スモレンスキー体制下で、製造部門と販売部門を分割し、出荷前のチェックを厳しく行っているという。日本で販売されるサガリスは、一昔前の輸入車並みである2年間のフルワランティ付きだ。

こうした努力が好循環を生めば、今後TVRブランドが飛躍するチャンスもある。南原社長によれば、将来的にはロータスのような軽量スポーツ市場、あるいはランボルギーニのようなアッパークラスへの展開もあり得るという。いずれにせよTVRは、最近の高級スポーツカーが失いつつある非日常性や危うさを今も色濃く残している。この点は確かにフルワランティ(完全保証)だ。
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集