【東京オートサロン06】ホンダ…ちょいワルオヤジの エアウェイブ

質感を高めた、上質なコンパクトワゴン。それが東京オートサロン2006(1月13−15日)のホンダブースに出展される『エアウェイブ』モデューロコンセプトのテーマだ。

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京オートサロン06】ホンダ…ちょいワルオヤジの エアウェイブ
  • 【東京オートサロン06】ホンダ…ちょいワルオヤジの エアウェイブ
  • 【東京オートサロン06】ホンダ…ちょいワルオヤジの エアウェイブ
  • 【東京オートサロン06】ホンダ…ちょいワルオヤジの エアウェイブ
  • 【東京オートサロン06】ホンダ…ちょいワルオヤジの エアウェイブ
質感を高めた、上質なコンパクトワゴン。それが東京オートサロン2006(1月13−15日)のホンダブースに出展される『エアウェイブ』モデューロコンセプトのテーマだ。

「ヨーロッパにある、小さな高級車の世界をイメージしました。スモールサイズだけど、クルマの質は落としたくない!、という人に向け質感を上げたモデルです。」というのは、インテリアに関わったホンダアクセス・デザインブロック研究員の相澤文彦さん。

注目はインテリアで、レザーを使ったシート&ドアライニングをはじめ、スピーカーをカッコよく演出するハウジングやスライドレールをビルトインしたフローリング張りのラゲッジルームなど、素材感を重視した上質な仕上げになっている。

「ノーマルと同形状のシートですが、表皮のレザーはクルマ用ではなく服飾アパレル用。クルマとしては耐久性など乗り越えないといけない部分があるけれど、肌触りが違います。」(相澤さん)と上級モデルを超える質感の高さを追求しているのだ。

エクステリアは、市販品ではなくショー用にコンプリートでデザインしたエクステリアパーツを採用している。「スカートなど単品を組み合わせるのではなく全体として、スポーティで高級なワゴンを作りたいと考えてまとめました」(ホンダアクセス・デザインブロック研究員の金子恭大さん)

そんなエアウェイブだが、おもしろいのはターゲットユーザー層。「年配の男性がターゲットですが、オジサンではなく、カッコいいオヤジに向けてデザインしています」(相澤さん)。そう、狙っているユーザーは「ちょい不良(ワル)オヤジ」なのだ。このエアウェイブが40歳代ターゲットのちょいワルおやじファッション誌の誌面を飾る日も近い?
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集