女性ドライバーがF1テストに参加

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

イギリスの女性ドライバー、キャサリン・レッグがバレルンガ・サーキットで行われたミナルディのテストに2日間参加した。

ミナルディのテストドライバー、チャノック・ニッサニー、ファン・カセレスらもテストに参加する一方でパトリック・フリーザッハーやクリスチャン・アルバースらとミナルディF1の2シーターで20名のVIPゲストを高速の度へと誘った。

92年以来久々の女性テスターとなったレッグは、「まず最初にここ2日間惜しみないサポートを提供してくれたポール・ストッダート及びミナルディのみんなに感謝したい。最高の経験だったし、全てが素晴らしかった。テストに関しては予想外のことが起こるであろうことは予想していたし、まさにそれが現実となった。」

「今日は昨日よりずいぶんと順調に進み、任務に集中することができた。ベストは尽くしたと思う。経験不足は否めないけれど、結果にも満足している。」

「唯一の問題は次にF1マシンに戻れる日が待ちきれないということだけ!」と感想を述べた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集