【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー、楽しめる!!

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー、楽しめる!!
  • 【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー、楽しめる!!
  • 【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー、楽しめる!!
  • 【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー、楽しめる!!
  • 【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー、楽しめる!!
  • 【スバル R1 マイナーチェンジ】スーパーチャージャー、楽しめる!!
乗る前と乗った後で、こんなに印象が変わったクルマは久しぶりだ。そう思えるのが、スバル『R1』に追加された(24日)、スーパーチャージャーを搭載した「S」だ。

スバル商品企画本部の宮芳隆さんは「R1は昨年の登場時から、スーパーチャージャー搭載モデルの要望が多く寄せられておりました。今回はその声に応えるかたちでSを追加いたしました。夏にはSOHCで価格を抑えたiが追加され、そちらで女性ユーザーを増やし、Sでは男性ユーザーを取り込みたいと思っています」とコメント。

R1 Sのエンジンやミッションは、R2の「タイプS S」に準じているが、乗った印象はだいぶ違っていた。重さはR1とR2で10kgしか変わらないので、エンジンのフィーリングは大きな違いがないのだが、2ドアのR1はホイールベースが165mmも短いので、回頭性が抜群に良いのだ。

全高はR2に比べれば15mm低いが、1510mmもあるので重心が高く、速いエンジンを積んでも振り回せないと思っていたが、意外にもショートホイールベースを活かしたクイックな動きを受け止めてくれた。これなら街中からワインディングまで、キビキビとした走りが楽しめるだろう。

ボディ剛性もR2よりも高く感じられ、コーナリング時もピシッとした動きを見せる。立ち上がりで大きくアクセルを開けると、内側のタイヤが多少、空転するが、クルマ自体の挙動は安定している。乗り心地に対しても、R1全体でリヤのストロークが伸ばされているので、モデル登場時の跳ねるような動きは抑えられている。

最近は軽自動車でもロングホイールベース化が進み、鋭い回頭性を楽しめるクルマが少なくなってきた。R1も登場時のモデルは、ヒョコヒョコとした動きが目立ち、これにスーパーチャージャーを組み合わせても、とても走りを楽しむことができないと思っていたが、ベースの足回りを改良したこともあり、R1のSは、このクルマではないと味わえない、楽しめる走りを手に入れている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集