新型『シビック』受注状況、出足伸びず

自動車 ビジネス 企業動向
新型『シビック』受注状況、出足伸びず
  • 新型『シビック』受注状況、出足伸びず
  • 新型『シビック』受注状況、出足伸びず
ホンダは、新型『シビック』と『シビック・ハイブリッド』の受注状況を発表した。

それによると、シビックの発売1カ月間の受注台数は、月販目標と同じ2000台で、シビック・ハイブリッドは月販目標よりも200台多い700台だった。通常、新型車の受注は、月販目標を大幅に上回るもので、新型シビックの販売は苦戦している模様だ。

ただ、シビック・ハイブリッドは、前代モデルの2004年の販売実績月平均36台を大幅に上回った。シビック・ハイブリッドは、追突軽減ブレーキ+E-プリテンショナーとインテリジェント・ハイウェイ・クルーズコントロールの装着率が12%と高かった。

人気のグレードはシビックの1.8GLで全体の41%。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【ホンダ シビック 新型発表】福井社長「セダンに絞った理由(わけ)」 画像 【ホンダ シビック 新型発表】福井社長「セダンに絞った理由(わけ)」
  • 【東京モーターショー05】ホンダ HES…自宅で水素を製造、お風呂も沸かせる 画像 【東京モーターショー05】ホンダ HES…自宅で水素を製造、お風呂も沸かせる

特集