【東京モーターショー05】三菱電機専務が強調した3つの重要分野

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターショー05】三菱電機専務が強調した3つの重要分野
  • 【東京モーターショー05】三菱電機専務が強調した3つの重要分野
東京モーターショー、三菱電機のプレスブリーフィングでは、自動車機器事業本部長である近藤隆彦専務執行役員が「今後は『環境』『安全・セキュリティ』『情報・エンターテインメント』の3つを重要分野と考え、強化していく」と強調した。

同社の自動車機器事業は、1932年にエンジン電装品の量産を開始して以来73年の歴史を誇る。その間、世界初の製品を数多く出している。たとえば、GPSを使用したカーナビゲーションシステム、前方監視レーザーレーダー、ガソリン直噴システムなどがそうだ。今後も得意分野に焦点を当て新製品を出していく計画だ。

エンジン制御システム分野では、低公害化・燃費改善の研究・開発を積極的に進め、環境対応をさらに進めていくという。また、安全面では「クルマの新しい安全の形の1つとして“ぶつからない”という究極の安全性能を実現するための技術がクローズアップされている」(近藤専務執行役員)とのことで、周辺監視のための製品開発を強化していく。

また、クルマの情報化については、「今後高齢化社会が進むこともあり、誰でも使いやすいよう、安全・確実に操作できることが重要」と近藤専務執行役員は語った。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京モーターショー05】富士通テン、2つの世界初を出品 画像 【東京モーターショー05】富士通テン、2つの世界初を出品
  • 9月の国内カーナビ出荷台数、15.4%増 画像 9月の国内カーナビ出荷台数、15.4%増
  • 箱根でVICS簡易図形情報の高度利用実験 画像 箱根でVICS簡易図形情報の高度利用実験
  • 「カーウイングス」カーナビ情報に「e燃費」が融合…こう使う 画像 「カーウイングス」カーナビ情報に「e燃費」が融合…こう使う

特集