マツダと日本ペイント、CO2削減する下塗り塗料を新開発

自動車 ニューモデル 新型車

マツダと日本ペイント、CO2削減する下塗り塗料を新開発
  • マツダと日本ペイント、CO2削減する下塗り塗料を新開発
マツダは、日本ペイントと共同で、揮発性有機化合物(VOC)、二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減できる下塗り塗料(電着塗料)を新開発したと発表した。

新しい塗料は、世界最高水準の鋼板への塗装効率を実現し、防錆品質も向上させることが可能。2005年5月から宇品第2工場に導入しており、年内には国内の4工場すべてに展開する予定。

同社はこれまで、「中塗り」・「ベース(上塗り)」・「クリア」の塗装工程を集約した「スリー・ウェット・オン塗装技術」を、世界に先駆けて開発し国内の全工場に展開している。今回開発した塗料はその前工程の下塗り工程で環境負荷物質を大幅に低減するもの。

今回開発した電着塗料は、塗料特性を改良することで少ない電気量で塗装ができる上に、内側にも均一な塗装膜を形成でき車体内側の防錆性能を高めることが可能となった。また、余分に塗料が付着していた車体外側の塗装膜厚を適正レベルに抑制することができるため、必要な塗料自体の総量も削減することができる。塗料中に含まれるVOCを半減しており、塗料の総量低減と合わせて、塗装工程におけるVOCの排出量削減が可能となる。加えて、塗料の総量低減により、塗料の製造工程における二酸化炭素の排出量も削減できる。

同社は、塗装工程において一層高いレベルの環境保全活動に取組んでいくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集