首都高のETC夜間割引社会実験を9月30日まで延長

自動車 テクノロジー ITS

首都高速道路公団は、7月31日までの期間で実施しているETC夜間割引社会実験を9月30日まで延長すると発表した。

割引内容は、東京線で普通車700円のところ、20%割引の560円、神奈川線で普通車600円のところ、30%割引の420円、埼玉線で普通車400円のところ、20%割引の320円となっている。

首都高速道路公団によると、ETC夜間割引社会実験では確実にその成果が出ている。例えば、実験前の3月では夜間の首都高東京線のETC利用率は43.1%だったのに対して、6月では60.1%と17%も増加している。

また、一般道路の交通量(感知器データ)は、高速道路の夜間割引時間帯で2003年、04年と比較して05年は減少傾向にある。高速3号線と国道246号のいずれも上り線で、大型車の首都高分担率は、04年12月が79.2%だったのに対して05年6月では81.2%に増加しているなど、大型車の高速道路への転換傾向が見えている。

その結果、一般道沿道の道路交通騒音は、最大4dBも減少、4−6月の大気質濃度(NOx、SPM)は減少傾向にある。

首都高速道路公団では、今後も利用者アンケート調査で一般道路からの転換、時間シフトなどの行動変化を把握する予定だ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集