【リコール】サーブ 9-3 の制動力低下

エコカー 燃費

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、サーブ『9-3』の制動装置に不具合があるとして、リコールを届け出た。対象は03年1月から05年5月までに輸入した1310台。

これらのクルマでは、制動倍力装置とインテークマニホールド間に装着されているチェックバルブの材質が不適切で、外気温度が高い条件下で高負荷運転を繰り返すと原動機の温度が上昇し、チェックバルブが熱影響により損傷することがある。

使用を続けると倍力装置の機能が低下し、最悪の場合、制動力が低下するおそれがある。
《》

編集部おすすめのニュース

特集