阪神高速でETCワンストップサービスを8月6、7日で実施

自動車 テクノロジー ITS

阪神高速道路公団は、8月6、7日に阪神高速4号湾岸線泉大津パーキングエリアでETCワンストップサービスを実施する。

このサービスは、ETCカードの発行、ETC車載器の購入・取付け・セットアップが一連の作業で即日に行えるもの。お盆休みにクルマで旅行を考えている人にはぴったりのサービスといえる。

取付け希望者は、泉大津PA(大阪方面:海側)2Fにクルマを止め、3階で受付を行う。実際の取付けは2F駐車場となる。取付け台数と車種は、1日あたり先着20台で普通乗用車のみとなる。

必要なものは、免許証、車検証、車載器購入代金(支払いは現金のみ)。

ETCカードはOMCのみ。問題がなければ30分で発行できる。ETCカードからETC車載器取付けまでは大体1時間半だが、状況によっては時間がかかる場合がある。

車載器は車載器代金、取り付け費、セットアップ費全て込みで1万6000円。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集