カーシェアリング拠点、東京都心部で拡大

自動車 テクノロジー ITS

カーシェアリング拠点、東京都心部で拡大
  • カーシェアリング拠点、東京都心部で拡大
  • カーシェアリング拠点、東京都心部で拡大
CEVシェアリングでは、東京都道路整備保全公社、首都高速道路公団、東京ガレーヂ、日本ガレーヂサービス、丸の内駐車場など、駐車場事業者の協力を得て、8月末までに東京都心部へカーシェアリングステーションを8カ所増設(調整中含む)する。21日、明らかにした。

これらに低排出ガスガソリン車(スズキ『MRワゴン』)20台を配備し、合計18ステーション、運用台数は40台となる。

カーシェアリングとは、少数の自動車を多数の利用者で共同利用する概念。とくに都市部において、自動車の利便性を享受しつつ渋滞・排ガス・駐車場不足といった諸問題の解消が図れることから、欧米ではかなり普及している。

今回は東京都内の新宿、丸の内、赤坂、赤羽橋などのビジネスエリアにCEVの拠点を拡大し、ニーズの高まっているビジネス利用に対応していく。本年度は上記20台に加え、さらに低排出ガスガソリン車40台の追加導入も計画している。

地球温暖化対応、業務効率化の両面から、業務にカーシェアリングを積極的に活用していこうとする法人・団体と協議しながら、拠点を設置していく予定だ。

さらにオリックス自動車との連携により法人所有の社有車の稼動状況を分析し、リース、レンタカー、シェアリングを最適に組合わせることで、自動車の無駄な利用を抑制するコンサルティング活動も行っていく。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集