ダンロップのCMに上原多香子を起用

自動車 ニューモデル 新型車

ダンロップのCMに上原多香子を起用
  • ダンロップのCMに上原多香子を起用
  • ダンロップのCMに上原多香子を起用
  • ダンロップのCMに上原多香子を起用
  • ダンロップのCMに上原多香子を起用
  • ダンロップのCMに上原多香子を起用
  • ダンロップのCMに上原多香子を起用
ダンロップファルケンタイヤは、デジタイヤスタッドレスの新商品ダンロップ『DSX』のテレビコマーシャルに上原多香子を起用し、2005年8月下旬から北海道地区を皮切りに全国で放送する。

テレビコマーシャルは、新素材「テトラピック」が持つナノレベルのひっかき効果で、冬の道を安全に走行できるスタッドレスタイヤDSXをアピールするためのもの。

内容は冬の峠道を走行するドライバーが凍結路面の危険性を想像するシーンから始まり、走行シーンはデジタイヤ技術のシミュレーションシーンへと変わる。

そして、DSX最大の特長である新技術「テトラピック」が「3800億のテトラピックが、氷をワシづかみ」というナレーションとともにクローズアップされ、タイヤが止まる瞬間、氷の路面に「DIGI-TYRE STUDLESS」と刻印される。

最後に新素材「テトラピック」の化身ともいうべき上原多香子の氷壁をワシづかみにする姿でエンディングとなる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集