ホンダ、2009年から燃料電池二輪車をリース販売

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ、2009年から燃料電池二輪車をリース販売
  • ホンダ、2009年から燃料電池二輪車をリース販売
  • ホンダ、2009年から燃料電池二輪車をリース販売
ホンダは、燃料電池を搭載した二輪車を2009年にリース販売すると発表した。

同社は四輪車の燃料電池車『FCX』を日米市場でリース販売を行うとともに、個人のユーザーにもリース販売している。今後、四輪車で培った燃料電池開発技術を応用して、燃料電池を搭載した二輪車を開発して、2009年にはリース販売を開始する。

二輪車の燃料電池車はヤマハ発動機も開発しているものの、実用化の目途は立っていない。四輪車の燃料電池車の実用化はトヨタとホンダが同時だったが、二輪車ではホンダが先陣を切る見通しだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集