ガソリン価格、銭単位の小幅上昇

エコカー 燃費

石油情報センターが13日発表した『給油所石油製品市況週動向調査』によると、7月11日時点でのガソリン・軽油価格は前週と変わらず(全国平均でレギュラー125円/リットル、ハイオク136円/リットル、軽油101円/リットル)だった。

ただ、銭単位で見ると、レギュラーは124.5円から125.1円へ60銭上昇、ハイオクも135.7円から136.3円へ60銭上昇しており、ジリジリと上がっている。

石油元売り各社が7月に卸値を3円引き上げたのが主因だが、まだ100%を転嫁している状況ではなく、中旬から下旬へ向けて一段と上昇する可能性もある。

ユーザーとしては、天候不順による販売不振や、行楽需要前の戦略的な動きなど値下げ圧力に期待をかけるしかない!?
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集