【リコール】トヨタ ライトエース と タウンエース、走行できない

自動車 社会 社会

トヨタ自動車は、『ライトエース』『タウンエース』の動力伝達装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は93年5月から99年6月に生産した11万951台。

これらのクルマでは、プロペラシャフトの変速機側のユニバーサルジョイント部の角度が大きいため、高速走行時に温度が高くなりグリースの潤滑性の低下が早まるものがある。

そのためジョイント部の摩耗が進んでガタや異音を生じ、使用を続けるとジョイント部が破損して走行できなくなるおそれがある。
《》

編集部おすすめのニュース

特集