【スバルB9トライベッカ 海外リポート】その3 SUVになってもスバルらしさは不変

自動車 ニューモデル 新型車

【スバルB9トライベッカ 海外リポート】その3 SUVになってもスバルらしさは不変
  • 【スバルB9トライベッカ 海外リポート】その3 SUVになってもスバルらしさは不変
  • 【スバルB9トライベッカ 海外リポート】その3 SUVになってもスバルらしさは不変
  • 【スバルB9トライベッカ 海外リポート】その3 SUVになってもスバルらしさは不変
  • 【スバルB9トライベッカ 海外リポート】その3 SUVになってもスバルらしさは不変
  • 【スバルB9トライベッカ 海外リポート】その3 SUVになってもスバルらしさは不変
サンフランシスコをベースにした一般道での取材会に参加。そのレポートをお送りしよう。

走り出してすぐに実感できるのは、乗り心地のよさだ。18インチタイヤ(P255/55R18のグッドイヤーイーグルLS2)だが、路面の凹凸を通過したときの硬さは感じない。かといってフワフワすることもなく、これなら運転席だけでなく後席に乗っていても快適なようすだ。

ハンドリングは低重心であるボクサーエンジンのメリットが生きている。コーナリングはハンドルを切ったとおりに素直に曲がってくれる。またシンメトリカルAWDと新設計のリヤダブルウイッシュボーンサスペンションによって、グリップ限界は高くなかなか滑り出そうとしない。タイトコーナーでは最終的にフロントが負けてグリップ限界を迎えるが、滑り出しは穏やかで急激な挙動変化はないので安心感がある。

エンジンは、『レガシィ』に搭載されるものよりもパワフルなようだ。乗る前はレガシィと同じ3リッターエンジンで、若干重めのボディでは軽快な走りがスポイルされているのではないかと心配したが杞憂だった。

電子制御スロットルの制御プログラムを大幅に変えて、ドライバーの期待するトルクとレスポンスが得られるようなチューニングが施された。つまり、アクセルペダル開度よりスロットルを大きく開けることも可能なプログラムになったからだ。カタログデータは同じでも体感トルクは20%アップになった感じで、SUVの男性的で頼もしいパワーを体感できる格好だ。
《こもだきよし》

編集部おすすめのニュース

特集