今後5年のITS重要技術は?…経産省提言

「ITS産業振興研究会」の提言によると、先端的な技術開発では、(1)位置特定の高精度化、(2)路車間、車車間などのプロトコル開発、(3)プローブ情報システムの高度化、(4)運転行動に関するヒューマンファクターの研究開発などを推進する。

自動車 テクノロジー ITS
「ITS産業振興研究会」の提言によると、先端的な技術開発では、(1)GPSに準天頂衛星情報を重ねたり、GPSが受信できないエリアでの代替位置特定技術など「位置特定の高精度化」、(2)路車間、車車間などのプロトコル開発、(3)センサー技術の進化や通信コスト削減など「プローブ情報システムの高度化」、(4)高齢化社会を踏まえた「運転行動に関するヒューマンファクターの研究開発」などを推進する。

経産省はITS関係の先端的な研究開発の旗振り役でもある。今後5年以内をメドとした提言内容から、今後の技術開発の方向性が見えてきた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集