【スバル インプレッサ 新型】個性と機能を両立したデザイン…実車見て

自動車 ニューモデル 新型車
【スバル インプレッサ 新型】個性と機能を両立したデザイン…実車見て
  • 【スバル インプレッサ 新型】個性と機能を両立したデザイン…実車見て
  • 【スバル インプレッサ 新型】個性と機能を両立したデザイン…実車見て
  • 【スバル インプレッサ 新型】個性と機能を両立したデザイン…実車見て
  • 【スバル インプレッサ 新型】個性と機能を両立したデザイン…実車見て
  • 【スバル インプレッサ 新型】個性と機能を両立したデザイン…実車見て
  • 【スバル インプレッサ 新型】個性と機能を両立したデザイン…実車見て
  • 【スバル インプレッサ 新型】個性と機能を両立したデザイン…実車見て
16日にビッグマイナーチェンジを行ったスバル『インプレッサ』の最大のポイントは、大きくイメージを変えたエクステリアデザイン。

軽自動車の『R2』から採用された、航空機の翼をモチーフとしたスプレッドウイングスグリルを採用し、ヘッドライトの造形をシャープなデザインに改めている。

このデザインについて、新型インプレッサの開発責任者であるスバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャー森宏志さんは「今までのスバルのクルマは車種ごとにフロントマスクがバラバラでしたので、新型インプレッサにはパッと見てスバルのクルマと分かるように、スプレッドウイングスグリルは採用すべきだと思いました」

「新型は今後のスバルのデザイントレンドを取り入れながらも、空力特性や冷却効率も高め、個性と機能性の両面を高めることができたと思います。個性的なデザインになったので、事前のネットでの掲示板などの評価は様々ありますが、見慣れてくれば受け入れていただけると思います」とコメント。

実際に新型インプレッサのエクステリアは、写真などで見るよりも実車のほうがシャープにデザインされており、スポーティな印象が高まった。気になる人は是非、一度実車をチェックしてほしい。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集