日産 マーチ/マイクラC+C、量産仕様を発表

自動車 ニューモデル 新型車

日産 マーチ/マイクラC+C、量産仕様を発表
  • 日産 マーチ/マイクラC+C、量産仕様を発表
  • 日産 マーチ/マイクラC+C、量産仕様を発表
  • 日産 マーチ/マイクラC+C、量産仕様を発表
英国日産は15日、『マイクラ』(日本名『マーチ』)のハードトップ・コンバーチブル、すなわちクーペ・カブリオレの「C+C」量産仕様を発表した。イギリスで生産され、発売は年末を予定している。

マイクラC+Cはイギリスで開発され、イギリスのサンダーランド工場で生産される。発表会も同工場で行われた。

2002年パリモーターショーでコンセプトカーとして先行発表されていたものの量産化だが、量産仕様では「Cビュー」という大きなグラスルーフが採用された。寒い冬、クリスマスシーズンに発売されるが、ルーフを閉じていても開放感を得られると日産。

ニッサン・デザイン・ヨーロッパの山根真チーフデザイナーは「C+Cでマイクラ・ファミリーの世界が広がった。コンバーチブルというだけでなく、充分な荷室容量による実用性も兼ね備える。マイクラC+Cなら、コンバーチブルを所有するにあたって、もはや妥協や我慢は不要だ」と語る。

その荷室容量は、ルーフを下げたときに221リットル、上げたときに426リットル。全長はハッチバックと比べて90mm延長され、延長分はすべて車体後半で、プラス2後席のさらに後ろにルーフ収納スペースを設けた。全高は110mm低くなっている。

ルーフはボタンの一押しで開閉し、油圧駆動。所要時間は片道22秒。またルーフ前端とウィンドシールド・フレーム上端との間のロック/ロック解除は自動で、手作業は不要だ。

ハードトップの開発と生産はドイツのこの分野のスペシャリスト、カルマンが行う。カルマンはサンダーランド工場内にC+C専用に、小さな生産設備を立ち上げた。

エンジンは1.4リットル(88HP)と、最近「160SR」で導入された強力な16バルブ・ツインカム1.6リットル(110HP)が設定されている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集