アストンマーチンのデザイン部長にマレク・ライヒマン

自動車 ビジネス 企業動向
5月31日、アストンマーチン(アストンマーティン)はデザイン部長にマレク・ライヒマンを任命した。同じフォードグループの、製品、インテリアデザイン戦略、プロセス担当デザイン部長からの転身。

ライヒマンは1966年、イギリス生まれ。ロンドンの王立芸術学院(RCA)でビークルデザインを学ぶ。91年にローバーからキャリアをスタート、95年にBMWのカリフォルニア・スタジオであるデザインワークスに移籍、03年発表のランドローバー『レンジローバー』の開発をまとめた。

98年にイギリスにもどってロンドンでデザインスタジオ(フルサイズモデル制作可)を運営していたが、99年にフォード、リンカーン、マーキュリー各ブランド担当チーフデザイナーとしてフォードグループ入りした。

アストンマーチンCEOのウルリッヒ・ベツは、「アストンマーチンは近年、変革の途上にある。マレクはアストンマーチンの今後のデザイン戦略を強化してくれる」と期待する。

前任デザイン部長のヘンリク・フィスカーは、自身のコーチビルダーを立ち上げるために2004年末に退社している。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • フェラーリ スーパーアメリカ日本発売…世界最速コンバーチブルベルリネッタ 画像 フェラーリ スーパーアメリカ日本発売…世界最速コンバーチブルベルリネッタ
  • 【ロサンゼルスモーターショー05】ハプニング! でもやっぱりフェラーリ 画像 【ロサンゼルスモーターショー05】ハプニング! でもやっぱりフェラーリ
  • フェラーリ、F430スパイダーを日本発売へ 画像 フェラーリ、F430スパイダーを日本発売へ
  • ポルシェ ケイマンS、その姿を現す 画像 ポルシェ ケイマンS、その姿を現す

特集