ロータス、世界限定50台のうち10台を日本で

自動車 ニューモデル 新型車
ロータス・カーズの子会社ロータス・スポーツは、スポーツカーの限定車、ロータススポーツ『エキシージ240R』を開発し、世界中で50台限定で生産すると発表した。ロータス・スポーツは、英国にあるグループ・ロータス本社工場で、限定車を生産する予定だ。

エキシージ240Rは、スーパーチャージャーとインタークーラーを備えて、最高出力240psと24kgmを上回るトルクを発揮する高速回転エンジンを搭載する。4秒未満で60マイル/h(96km/h)、10秒未満で100マイル/h(160km/h)に加速し、最高速度は155マイル/h(249km/h)。最高速度で空力で133kgのダウンフォースを発生する。

車両総重量は約930kgと軽く、パワーウエイトレシオは約266ps/t。インテリアは、独特で、ベースの黒にロータススポーツイエローのポイントカラーを配したレザートリムとなっている。内装ではスポーツシートを採用、運転席と助手席に4点ハーネスを装備した。これはレース仕様のT45ロールバーのパーツを使ったクロスバーに取り付けられている。

ボディカラーはスポーツイエローとスポーツブラックの2色。

限定生産する50台は全て受注生産となる。50台のうち、40台は欧州で販売され、10台が主に日本向けに販売する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集