【ジュネーブモーターショー05】マツダ ロードスター、RX-8と同じ生産ライン

自動車 ニューモデル モーターショー
【ジュネーブモーターショー05】マツダ ロードスター、RX-8と同じ生産ライン
  • 【ジュネーブモーターショー05】マツダ ロードスター、RX-8と同じ生産ライン
  • 【ジュネーブモーターショー05】マツダ ロードスター、RX-8と同じ生産ライン
  • 【ジュネーブモーターショー05】マツダ ロードスター、RX-8と同じ生産ライン
  • 【ジュネーブモーターショー05】マツダ ロードスター、RX-8と同じ生産ライン
  • 【ジュネーブモーターショー05】マツダ ロードスター、RX-8と同じ生産ライン
  • 【ジュネーブモーターショー05】マツダ ロードスター、RX-8と同じ生産ライン

ジュネーブモーターショーで発表された新型マツダ『ロードスター』/欧州名『MX-5』は、「手頃に乗れるロードスター」のコンセプトも先代から継承している。 

エンジンは鋳鉄ブロックの従来型から、アルミブロックの「MZR」1.8と2.0リットルと変更。200ccアップしたエンジンサイズにも関わらず、エンジン単体の軽量化を図り従来型よりも軽いエンジンができ上がった。

「前後重量配分は、もちろんマツダのスポーツモデルに共通する50対50。重量物はセンターに、そして低重心に、が基本」との、車両開発の山本修弘氏の言葉は、初代から受け継ぐマツダの“走りのDNA”へのこだわりだ。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン形式を継承し、リアはダブルウィッシュボーンからRX-8と同じ5リンク式へと変更された。

製造ラインもRX-8と共有し、宇品の第一工場で夏前には生産開始を予定しているという。これは、「手頃な価格で販売する為に、生産ラインをRX-8と共通化してコストを抑えた」ことに起因する。

しかし、「同じ形式のサスペンションだが、ジオメトリー等が全く異なるので、部品単体は別物になる」とのこと。いっぽうこれにより膨大にあるRX-8のサスペンションデータを使用することも可能になったわけだ。 

新型はわずかながらのプライスアップはあるようだが「手軽に乗れるロードスター」のコンセプト継承の意味でも、殆ど価格上昇無しで市場に登場する模様。現行の最大のマーケットであるアメリカで秋口に発売開始され、順次、日本とヨーロッパ市場でも販売が始まる予定だ。

《ケニー中嶋》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集