スズキ、二輪車の技術開発と試験を集約

自動車 ビジネス 企業動向
スズキは、二輪車の設計や実験、品質などの技術開発部門を静岡県磐田郡にある竜洋コースに集約し、2005年1月6日から稼動を開始すると発表した。

スズキはこれまで、二輪車の設計・品質部門を本社(浜松市高塚町)に置き、各種試験や試走などの実験業務は竜洋コースで行ってきた。

今回、本社に在籍する技術開発部門を竜洋コースに移転することで二輪車の技術開発業務を集約し、開発期間の短縮化など業務の効率化を図る。コース内に設計などを行う施設を建設する。移転費用は約40億円となる見込み。竜洋コースの敷地面積は約71万平方メートル。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、中国の二輪車事業を統括する上海支店を設立へ 画像 ホンダ、中国の二輪車事業を統括する上海支店を設立へ
  • デンソー、二輪車用イリジウムプラグ3タイプを新発売 画像 デンソー、二輪車用イリジウムプラグ3タイプを新発売
  • 【ITS世界会議名古屋】ホンダ、車車間通信シミュレーターの体験も 画像 【ITS世界会議名古屋】ホンダ、車車間通信シミュレーターの体験も
  • ヤマハ、世界初の燃料電池二輪車で公道試験 画像 ヤマハ、世界初の燃料電池二輪車で公道試験
  • スズキの中国コピー問題…相手側が謝罪文を掲載 画像 スズキの中国コピー問題…相手側が謝罪文を掲載

特集