アルファロメオ、中国で生産の可能性…おまえもか!

自動車 ビジネス 企業動向
アルファロメオ、中国で生産の可能性…おまえもか!
  • アルファロメオ、中国で生産の可能性…おまえもか!
フィアットのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長は8日、訪問先の上海で「我々は中国進出に遅れをとった」と反省したうえで、「早急に新型車を現地生産することで、失地回復を図りたい」と発言した。

さらに生産するモデルについては「たぶんアルファになるだろう」と付け加えた。

モンテゼーモロ氏は、先日からのチャンピ共和国大統領の中国公式訪問に、工業連盟会長(フィアット会長と兼任)として同行。中国進出のチャンスを狙うイタリア企業関係者のミッションとともに北京、上海を回っていた。

フィアット・グループは、すでに商用車部門のイベコ、トラクター部門のニューホーランド、および協力会社が中国に生産拠点を構えている。また、アルファ『156』が提携先であるGMタイ工場で生産されており、東南アジア諸国で販売されている。

日本に関していえば、過去にメキシコ製ビートルや南ア製BMW『3シリーズ』が並行輸入されてもパッとしなかった「オリジナル国主義」の国である。

したがって、たとえ将来中国製のアルファが日本上陸しても、大きな成功は難しいだろう。

しかし他の国々では、ブランド発祥国とは違う国で生産されたクルマに対する抵抗が着々と薄れつつある。「アルファ・メイド・イン・チャイナ」も、それなりのヒットを呼ぶに違いない。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集