【ストラーダNEWラインナップ】DVD系、新旧比較で賢い選択

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【ストラーダNEWラインナップ】DVD系、新旧比較で賢い選択
  • 【ストラーダNEWラインナップ】DVD系、新旧比較で賢い選択
パナソニック・オートモーティブ・システムズ社(PAS社)はこの秋、同社のカーナビ「ストラーダ」シリーズのうち、DVD系モデル3機種を相次いでモデルチェンジした。

HDDモデル『HS400』から採用された「エンターテイメントバンク」などの新機能を取り入れ、その魅力と商品力をさらに向上させたことが特徴だ。

今回のモデルチェンジでは、ストラーダのうち、DVD系モデル(地図ディスクにDVDを使用するもの)が対象となっており、7型オンダッシュモニターと組み合わされる『DV155』、7型インダッシュモニターが組み合わされる『DV255』、そして7型モニターを備えたオンダッシュポータブル型の『DS110』がラインナップされている。

型番から見てもわかるとおり、DS155/255は、PAS社製ナビの統一ネーミング「ストラーダ」の名を冠したナビとしては一番最初にラインナップされ、2003年6月に発売された『DV150/250』の後継機にあたる。DS110は今年2月に発売された『DS100』の後期型だ。

これら3機種は前モデルと比較して「何が変わった」のか。

PSA社で国内マーケティングを担当する壇上浩一・宣伝チーム主事は「SDカードによる機能を拡充し、HS400から採用されたエンターテイメントバンクのうち、MPEG4動画再生とJPEG静止画の再生を可能としたことにあります。また、DV155/255に関してはSD覚えてルート使用時でもジャンル検索や周辺検索を可能として、その使い勝手を向上しています」と説明する。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース