【デトロイトモーターショー05】クライスラーのコードネーム「ファイアーパワー」

自動車 ニューモデル モーターショー
【デトロイトモーターショー05】クライスラーのコードネーム「ファイアーパワー」
  • 【デトロイトモーターショー05】クライスラーのコードネーム「ファイアーパワー」
  • 【デトロイトモーターショー05】クライスラーのコードネーム「ファイアーパワー」
  • 【デトロイトモーターショー05】クライスラーのコードネーム「ファイアーパワー」
クライスラーがコードネーム「ファイアーパワー」として開発中の2シータースポーツカーコンセプトがデトロイトモーターショーに登場する。

来年1月の発表時点では名前が変わっている可能性もあるが、現段階のスケッチからそう遠くはないスタイルで登場すると思われる。

ファイアーパワーは全体がカーボンファイバー製ボディで、デザインを担当したのは昨年のデトロイトで話題をさらったスポーツコンセプト、『ME-412』をデザインしたビル・ニードランダー氏。プラットフォームはダッジ『バイパー』のものが使用されている。

しかしクライスラーらしさの演出としてクラシック・グランドツアラーのイメージを前面に打ち出し、「アストンマーチンのような」エレガントさも持ち合わせている、という。

エンジンは新開発、6.1リットル、425hpの「HEMI」V8。最高速度180マイル/h、0-60マイル/h(96km/h)到達タイムは4.5秒と予測されている。

クライスラーにはME-412の販売を求める声もあるが、アメリカ版スーパーカーとして非常に高価なものとなるため、市販の可能性は低い。しかしME-412とクロスファイアの中間に位置するファイアーパワーには、市販モデル実現の可能性は充分に残されている。
《Sachiko Hijikata, US editor》
【画像】【デトロイトモーターショー05】クライスラーのコードネーム「ファイアーパワー」(3枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース